びわ湖大花火大会@観覧席の穴場

琵琶湖花火は水と自然の中で光と音で演出される納涼の世界。
屋形船から観覧する打ち上げ花火はびわ湖の水に囲まれて最高♪夏休みの思い出は、びわ湖大花火大会♪
びわ湖大花火大会@観覧席の穴場トップ

日本の風情ある花火とは。。。

簡単に言うと火薬が詰まった玉が爆発しているんですよね。大規模な花火大会は当然ながら距離を置いて眺めるのが最高で、線香花火のような小さな花火は庭先で手元でするのが最高!どちらも日本の風情を感じられる不思議なものですよね♪線香花火のような家庭でする花火をおもちゃ花火って言うんですって!初めて知りました。日本では昔から河川で打ち上げていたので、東西南北どこから見ても変わらない観賞を追及していたのに対して、ヨーロッパなどでは昔、貴族が宮殿などの裏から打ち上げていたので、日本のような形や発光をする必要がなかったんですって〜。だから、日本の花火師の技術は最高って言われるんですね!見るだけでなく調べてみると凄く勉強になりますよね。日本人って凄い♪

ご家庭でも風情ある花火を楽しみましょう♪



滋賀県のびわ湖花火大会

琵琶湖花火は源氏物語の千年紀や滋賀県の各地の自然を光と音で演出されます。気になるのは打ち上げられる花火の数。琵琶湖花火では1万発もあがるそうです。満足できますよね。また、湖面と夜空に放たれる花火は風情のある絵画のようです。打ち上げ場所は滋賀県宮大津港沖一帯です。恐らく、30万人以上が花火を見に滋賀県に入ってくるので特に帰りの交通の便には気をつけましょう。

びわこ花火大会への行き方

大津港周辺の琵琶湖畔、なぎさ公園などから花火が見れます。JR琵琶湖線大津駅か膳所駅から徒歩でだいたい15分ぐらい。京阪電車浜大津駅から徒歩5分ぐらいです。また、JR湖西線大津京駅から10分ぐらいで行けます。混雑は避けられないのが普通ですので、遠方の方はホテルに宿泊するのもよいでしょう♪

【琵琶湖花火 有料での観覧席】

約16000席が設置されています。滋賀県宮大津港管理用通路修景緑地に設置されています。発売は7月に入ってされますので、空き情況は要確認ですね。価格は1席前売りは3500円で当日券は4000円です。お子様は
3歳以上は大人と同一の料金のようです。発売場要はHPでご確認上、購入しに行ってください。変更個所があるかも知れませんので、チェックは必用です♪


【びわ湖大花火大会 穴場の観覧船】

びわ湖大花火大会の花火観覧船から見る花火は湖面と夜空の花火を満喫できます。大津港から出航する「ミシガン」や「ビアンカ」や「高速船」で花火を観覧できます。予算は22000円内容は乗船料にディナーとフリードリンクなどがついた大人料金。


花火大会後の宿泊は琵琶湖ホテル 

琵琶湖花火を満喫して、帰るのがめんどうな方は前もって、ホテルの宿泊予約をしておくのはいかがでしょうか?電車各線大津駅を目指せばすぐにわかると思います。天然温泉「瑠璃の湯」は花火大会の疲れを洗い落としてくれます。バーもレストランももちろんありますので、朝食もしっかり取れるでしょう。


琵琶湖ホテル

びわ湖大花火大会@観覧席の穴場
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。